パタット180は最強のパタット?

パタットミニが販売された当時から利用していますが、遂にパタットミニの欠点を大幅にカバーする新しいパタットが販売されました。その中でも、最も携帯性が高く一番人気が高いと思われるパタット180について、紹介致します。



座りにくさを大幅にカバー

パタット180に最も近い性能のパタットは、座高が15㎝のパタットミニになります。携帯性能もほぼ一緒ですので、パタット180=パタットミニの改良品と言えるでしょう。

この以前からあるパタットミニの一番の欠点は『座りにくさ』でした。どうしても携帯性能を上げる為に、座高が低くなってしまい腰が落ち込んでしまうので座りにくくなってしまいます。

その座りにくさをパタット180では、座高を3㎝高くして座面をダブル曲面に変更する事で大幅にカバーしております。3㎝は小さい差ではありますが、パタットレギュラーが座高20㎝である事を考えると、携帯出来るサイズを保ちつつ最大限座高を上げた非常に理想的なサイズであると言えます。


パタット180に座った男性

W曲面はパタット180では非常にメリットが大きい

パタットはサイズが小さければ小さいほど、座りにくさが生じてしまいます。特にパタットミニではその傾向が顕著でした。 口コミでも「長時間座っているとお尻が痛くなる」「長い時間座る時はタオルなどを利用した方が良いですよ!」という内容がありました。

ダブル曲面はお尻の負担を軽減する形状で、特に座りにくさが出易い一番小さいサイズのパタット180にとって一番メリットが大きい仕様と言えます。


パタット180

耐荷重量100㎏でも290g

パタットミニが230gであるのに対してパタット180は290gで60g程度増加していますが、携帯性能は十分と言えます。また、パタット180の耐荷重量はしっかりと100㎏を保っていますので安心して利用可能です。

ちょっと高いですが、メリットは大きいですよ

パタット180は税込み1598円とパタットミニが1490円であるのに対して100円程高くなっております。

でも、一度購入してしまえばずっと利用出来るですし、100円以上のメリットが沢山詰まったのがパタット180と言えます。ぜひパタットミニを検討されているのでしたら、パタット180を購入される事をお勧め致します。

パタット180が便利なシチュエーション

運動会で大活躍

パタット180は運動会で大活躍です。但し、運動会はあんまり移動しない利用方法ですので、より座り心地を重視した方が良いと思います。勿論子供さんはピッタリなサイズだと思いますが、大人の方はパタット250かパタット320を選択しましょう



運動会

行列待ちにピッタリのパタット180

パタット180はパタットミニと同様に、行列待ちにピッタリな折りたたみ椅子です。行列にはかさばる椅子は気を使いますし、非常に使いにくいと思います。パタット180は非常にスリムで、実際に私自身も行列待ちで利用しましたが、今の所苦情を受けた事はありません。人気店の行列待ちや、テーマパークなど行楽地での行列待ちにピッタリです。



行列の様子

ハイキングや山登りに

歩き回る、ハイキングや山登りには軽くて携帯性の良いパタット180は相性が良いですね!ハイキングや山登りでは、座る時間も少ないですし、たった60gと言えども軽い方が良い可能性もありますので、超軽量のパタットミニも選択肢に入れてみましょう!



山登り

観光地巡りにも

パタット180は、携帯性を重視していますので、観光地巡りの様な移動が多いアウトドアにピッタリです。お気に入りの眺めが良いポイントで座ってじっくりと景色を堪能するのも最高ですね!



観光している様子

ショッピングモールでも

ショッピングモールも移動が多く、人が多いので小さい椅子の方が相性がとても良いです。買い物が増えて持ち物が増える可能性があるので、パタット180も良いですが、最軽量のパタットミニも選択肢に入れてみましょう!



ショッピングモール

動物園や植物園でも

動物園や植物園の様な移動が多い場所もパタット180はピッタリです。お気に入りの動物をじっくり見たい時にベストポイントで座れるのも良いですね



動物園

花火大会にも

花火大会も歩く距離が長くなるかもしれないシチュエーションですね!眺めの良いスポットには人が密集する可能性もありますし、座ったら同じ場所に長く座るのでパタット180が一番良いです



花火

子供にはピッタリサイズ

パタット180は大人にとってはちょっと座りにくいですが、子供には本当にピッタリです。しかも可愛いので喜んで座ってくれる折りたたみ椅子です。

パタットミニが合いにくいシチュエーション

パタットミニは、携帯性を重視した結果、座り心地が犠牲になっている面があります。長ーく座るし、そんなに移動しないよ!というシチュエーションには合いません。そんな時にパタットレギュラーかパタット300を選びましょう。

運動会で大人が座る場合

運動会は一旦準備してしまうと、動き回る事がありませんね… 動き回らない場所では、座り心地を重視しましょう!

特に体格の良い方は、大きいサイズをチョイスしましょう



運動会

釣りをする時

釣りも同じポイントでずーっと座り続けるシチュエーションですね! 子供さんなら良いですが、大人が利用される場合は、より座り心地を重視して他のサイズのパタットを選びましょう。



釣り

キャンプで利用する時

キャンプ場も、準備は大変ですが一旦準備が終わると移動はありませんね。パタット180よりも座り心地を重視した方が良いですが、荷物が多いアウトドアでもありますので、その辺りのバランスを重視してサイズを選びましょう。



キャンプの様子

海水浴でも

海水浴も、パラソルなどを設置して利用するので、あまり動き回りませんね!座り心地を重視したサイズをチョイスしましょう。




自宅周りで利用する時も

園芸やパーティ用の予備椅子として利用するなら、座り心地を重視しましょう。あまり移動が無いシチュエーションではパタットミニは相性が良くありません




パタット180でアウトドアをエンジョイしませんか?

パタット180は小さいながらも座り心地にもこだわりつつ、携帯性に特化した折りたたみ椅子です。便利なシチュエーションはありますが、相性の良くない場面もありますので、上手に活用してアウトドアライフを楽しみましょう。

↓詳しい内容はこちら↓